2021年のギフトカスタマイズ業界の発展状況と展望の分析

2021-11-18

贈り物は私たちの生活に欠かせないものであり、人々の間の感情を表現し維持するための媒体でもあります。古くから私たちの国は人間の愛情に焦点を当てたエチケットの国でした。両親、友達の誕生日、メンター、クラスメートなどを称えるために贈り物が必要です。市場に出回っている製品は多様ですが、どれも同じように見えます。カスタマイズされたギフトは、お客様の個々のニーズに対応し、心の本当の気持ちを表現するためのユニークなギフトを提供することができます。ホリデーギフトを贈ることは今や流行になり、それはまたいくつかの腐敗を助長しました。過度の公的な贈答は、贈答業界の異常な発展につながりました。しかし、国の腐敗防止の取り組みが進むにつれて、ギフト業界は正しい方向に進んでおり、ビジネスギフト市場の発展をさらに刺激しています。同時に、ミドルからハイエンドのギフトのカスタマイズに位置するジャンディングカルチャーなどの商人にも機会を提供します。

時代の進展とともに、人々の生活水準への要求はますます高まっており、上品で質の高い生活は人々の追求です。 80年代と90年代以降、彼らは社会の主流になりました。彼らはファッションとトレンドを追求する個性を持っています。そのため、プライベートカスタマイズはこのトレンドを利用し、徐々にトレンドになっています。カスタマイズも市場で大きなケーキになり、市場スペースは巨大です。 2016年、私の国の個人の年間贈答品需要は約5,055億元、グループの年間贈答品需要は約2,629億元であり、そのうちビジネスおよび福祉の贈答品の需要は1,900億元を超えています。国内ギフト市場の年間総需要は約7,684億元であり、市場全体は8000億元に近い。上海には1200のギフト会社があります。

現在、この業界ではさまざまな生活分野を含む多くの製品がカスタマイズされています。例として湖南を取り上げます。それは大きな贈り物を生み出す州であり、贈り物に対する大きな需要があります。その中でも、ワイン、お茶、陶磁器、湖南の刺繡は湖南のユニークな製品です。カスタマイズ商品については、徐々に消費者の注目を集めています。私の国でのカスタムギフト業界の発展はまだ始まったばかりです。このような意識を持っている企業もあれば、ウェブサイトにも反映されている企業もありますが、あまり注意を払っていないため、価格も比較的高く、独自のメリットもありません。ギフトの意味と創造性を高めるための専門的なパーソナライズされたサービスを通じて、パーソナライズされたカスタマイズの概念に焦点を当て、これはカスタマイズされたギフト業界の中核であり、開発の方向性でもあります。
  • QR