贈り物は性格の継続です。贈り物は社会的絆です

2021-11-18

贈答は普遍的な社会現象であり、人間社会のすべての時代と地域に存在します。理想的な贈り物は、特別な欲求を表現し、贈り主と受け手の両方に特別なメッセージを伝えることができます。贈り物は宣言であり、あなたと受取人の関係を宣言します。普通の友人、友好的な親戚、部下に感謝する上司、または熱心な崇拝者です。また、他人の心にどのようなイメージを持ちたいのか、他人を賞賛できる人、趣味の良い人、笑顔で関係を終わらせる方法を知っている人も反映しています。さらに重要なことに、それは受取人への宣言でもあります。彼の忠誠心はあなたに認められ、彼の忍耐力は称賛に値し、彼のリーダーシップはこの部門に不可欠であり、彼の健康は心配であり、彼はビジネスを喜びにしています。全体として、彼は感謝に値する。

贈答品が任意であるかどうかに関係なく、誰もが贈答品を授受します。贈答品を発送する前に、各贈答品を選択する必要があります。贈り物はあなたの性格の延長であるため、他の人はあなたの興味、さらにはあなたの知恵や才能を測定することができます。何を与えるか、どのように与えるかは、人々に重要で永続的な印象を残します。相手がそれを受け入れる方法についても同じことが言えます。私たちがそれを認めるかどうかにかかわらず、贈り物は双方にとって意味があり、私たちの生活において重要な役割を果たします。私たちの贈り物への欲求は、承認、愛、理解、そして愛への欲求でもあります。贈り物を授受するという私たちの行為には、人生の多くの側面が含まれます。贈り物を通して、私たちは他人をやる気にさせ、他人を教育し、支配を獲得し、報酬を得て、知識と耕作を示し、優しさと愛を表現し、そして個人的な影響力を拡大することができます。

要するに、贈り物は私たち一人一人が生活し、社会に溶け込むために不可欠な社会的相互作用の形になっています。

コーポレートギフトは、企業や機関から特別に注文され、評判を高めたり拡大したり、製品の市場シェア(シェア)を高めたり、事業や事業活動でより高い販売実績と利益を得たりするために使用されます。特別な意味を持つ製品。それは斬新さ、奇妙な特徴、職人技と実用性を持っています。エンタープライズギフト贈与は、最初にギフト贈与の目的を明確にする必要があります。友人への贈り物は友情を深めることであり、夫から妻への贈り物は愛を昇華させることであり、親から子供への贈り物は愛情を高めることです。企業向けギフトの目的はより明確です-事業を拡大し、利益を増やすことです。したがって、贈答の目的によって、贈答の等級と時期が決まります。

目的を持って、オブジェクトを決定するのは自然なことです。企業の贈り物は、多くの場合、組織またはグループを対象としていますが、考慮する必要があるのは、贈り物の受取人が生きている人であるということです。彼(彼女)は彼または彼女自身の性格、地位および好みを持っているので、与えられる贈り物もまた異なる性格を持っているべきです。 。

ギフトの時間は非常に重要です。ここでの時間には、特定の贈答時間だけでなく、ビジネス上の連絡を維持するために定期的に贈答を行う必要がある時間間隔も含まれます。休日、記念日、イベント、およびその他の商業的な贈り物に適した時間は、一般的に企業によって注意を払われますが、贈り物の時間間隔についてはあまり細心の注意を払っていません。重要なお客様が毎年同じ理由と時間で贈り物をするだけでは不十分かもしれません。会社は、顧客、贈答品、および環境についてさらに分析を行い、適切な贈答品のタイミングを決定する必要があります。

企業のビジネスギフト提供活動は全体的な活動であるため、上記の3つの側面は実際には密接に関連しています。企業のビジネス外交活動全体に協力するだけでなく、税関、ビジネスマナー、心理学、社会学にも準拠する必要があります。関連する要件。

企業の贈り物は個人の贈り物とは異なります。まず、彼らは企業イメージのスポークスパーソンでなければなりません。さまざまな業界の企業はさまざまな企業イメージを持っており、企業の革新的なイメージに焦点を当てている企業もあれば、強い力を発揮しようとしている企業もありますが、共通点が1つあります。それは、企業の贈り物が宣伝用ではない場合です。製品やサービスは、会社の文化的遺産を反映している必要があります。第二に、企業の贈り物は、ほとんどの人が好むが、それを支払うことに消極的であるという特徴を持っていることがよくあります。会社の贈り物を受取人が購入できる場合、会社の独自の注意を受取人に反映することは困難です。これは、会社の広報が重要な顧客である場合に特に重要です。贈り物の選択に反映されて、企業は毎日の贈り物を気軽に購入することはできません。代わりに、彼らは会社と顧客の特性に合わせて彼らを調整するためにプロのギフトデザイン会社を探すべきです。

企業向けギフトと個人向けギフトの最大の違いは、その一貫性、完全性、計画にあります。重要な顧客、関係グループ、およびパートナーにとって、企業が提供する贈り物は、全体的な性質を反映するだけでなく、対象を絞った性格の変更も必要とします。現時点では、ギフトの選択は純粋なギフトの概念を超えています。自社のサービスや文化への理解を深めるとともに、贈答品についても十分に理解する必要があります。そうすることで、企業の贈答品は真に文化レベルに入り、最高レベルに到達します。

ビジネスギフト管理の鍵は、文化的提携と独自の個性を持っている人々にあります。企業が贈答活動を文化的レベルに引き上げ、商業的運営方法を採用した場合にのみ、中国のビジネス環境でもう1つのキラースキルを身に付けることができます。
  • QR